*

必見!NISAの注意点こんな所にあった

公開日: : 最終更新日:2014/02/11 デメリット , ,

NISAにかかる日数のイメージ
最近話題のNISA。導入にあたって注意点を紹介。

ここがNISAの注意点

NISA専用の非課税講座を証券会社などに作る

NISA専用の非課税口座(以下NISA口座)を作る必要があります。NISA口座を作れるのは日本在住の20歳以上(その年の1月1日時点で)であれば可能です。
 ただし一人につき一口座しか作れません。特定口座などのように複数の証券会社で複数作ることはできずどこか一つの証券会社で一つの口座しか持てません。

 

NISA口座で投資できる金融商品

上場株式(国内・国外)
ETF
REIT
投資信託
※債権(国債など)はできません
※既存口座の商品はNISA口座に移行できません(新たにNISA口座で株式などの金融商品を買う必要があります)

 

非課税となる対象

配当金
分配金
売却益

利用制限(額や期間など)

NISAの期間が2014年から2023年までの10年間となっているのでこの間しか利用できません。ただし恒久化される可能性もあるので現時点(2013年時点)ではという
理解で問題ないかと思います。
 2014年~2023年までの10年間のうちにNISA口座を開設しその口座の中で年間最大100万円までの投資に対し最長5年間非課税状態となります。売却すれば非課税状態は解除されます。NISA口座では年間100万円まで買うことができ、非課税状態は最長5年なので、5年かければ最大で累積500万円まで非課税状態で株を買うことができます。しかも「おまけ」があり、5年間終了したらおまけで5年間非課税期間を延長する「ロールオーバー」という措置を活用することができます。これも年間最大100万円までとなっていますので5年間終了した時点でNISA口座内の株式時価総額が100万円を超えていれば超えた部分は売るか特定口座などに移管する必要があります。
 また、NISA口座で株を購入する場合、一回で購入する必要はなく複数回に分けて購入することもできます。100万円を何度も分けて購入することが出来るということです。
 ただし、100万円の枠内での株の入れ替えは出来ないので、NISA口座で株を100万円分買えば、後でそれを売却しようが特定口座に移管しようが枠は復活しません。同じ銘柄でも違う銘柄でも購入はできなくなります。
 簡単に言うと「NISA口座は一度売却すると再投資不可の年間最大100万円の購入ができる口座」ということになります。NISA口座は「年間100万円まで買うことができる」口座なので、年間に100万円買ってしまえばそれ以上は取引できないということになってしまいます。

 

合わせて読みたい記事

【nisaの落とし穴】・・・・・・・NISAの落とし穴に注意

【nisaのデメリットとは?】・・・NISAのデメリット

【nisaのデメリットとは?】・・・知らなきゃ損する3つのデメリット!

【nisaの落とし穴(第1回)】・・ NISAのメリット・デメリット

【nisaの落とし穴(第2回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

【nisaの落とし穴(第3回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
読み込み中...

関連記事

NISA口座開設の為に証券会社を比較

NISAに最適な証券会社は? いよいよNISA(日本版ISA: 少額投資非課税制度)が始まりました

記事を読む

NISAの再投資について

投資信託の分配金の取扱い 再投資した場合 NISA(少額投資非課税制度)で投資信託の分配金を再投

記事を読む

NISAのデメリットとは?

日本版ISA 優遇税制が2013年12月末に終了し、新たに導入される日本版ISAを心待ちにしている

記事を読む

NISAの落とし穴

NISAの落とし穴(第1回)

NISAのメリット・デメリット NISA(ニーサ)のメリット 個人投資家からすれば、100万

記事を読む

NISAで失敗しないために

金融機関の選び方 まずは金融機関の取扱い商品を把握しよう 金融機関によって取扱い商品は大きく異な

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑