*

NISA口座開設の為に証券会社を比較

公開日: : 最終更新日:2014/01/23 デメリット , ,

NISAに最適な証券会社は?

いよいよNISA(日本版ISA: 少額投資非課税制度)が始まりました。

毎年100万円まで5年間は1つだけ選択できるNISA口座で株式や株式投資信託を購入でき、譲渡益、配当、分配金が非課税になる制度です。(ただしNISA以外の口座との損益通算不可)

お手元にも各証券会社からNISA口座開設案内が届いていることと思います。

NISA口座として最も有力証券会社(証券口座)はどこなのでしょうか?

各会社のNISA口座についての取扱いファンドや口座開設キャンペーン、特徴をまとめました。

各証券会社の比較

● SBI証券

ネット証券のナンバーワンの取扱いの豊富さで管理人のメイン口座。また保有残高に対して最低年0.01%をポイント還元する投信マイレージサービスをNISA向けにも適用。
またNISA口座の株式売買手数料は2014年度限定で無料。また海外ETFの買付手数料も全額キャッシュバック

● 楽天証券

コストの安い海外ETFの取扱い本数No.1のため、NISA向けに海外ETFを運用するなら最有力。またNISA口座の株式売買手数料は2014年度限定で無料。また海外ETF(米国ETF、中国ETF,シンガポールETF)の買付手数料も全額キャッシュバック

● マネックス証券

NISA向け解説コンテンツのわかりやすさNo.1。
2014年度限定でNISA口座の投信購入手数料と米国ETF買付手数料を全額キャッシュバックと発表。

● ライブスター証券

ひふみプラスを購入可能。今後の投信の本数拡大とNISAキャンペーンの開始に期待。

● カブドットコム証券

売買手数料のフリーETF(現在11銘柄)取扱いが最大のメリット。フリーETF銘柄であるNISA向けリスコン5、リスコン10などラインナップも充実。また、2014年度限定で国内株式買付手数料を無料にすると発表。また、2015年以降もNISA口座の現物株式手数料を1%割引。

● SMBC日興証券

大手証券は足並みを揃えて口座開設キャンペーンで釣っていますが、低コストのファンド取扱いも少なくNISA向けも期待薄です。

● 松井証券

NISA口座での株式取引手数料を恒久無料化にすると発表しました。NISA口座でETFや個別株式での運用を考えている方にはうれしいサービスですね。

● 大和証券

NISA口座での具体的な対象ファンドは不明ですが、現取扱いファンドでも低コストのものは少なくNISA向けには不向きです。

● 野村証券

取扱いファンドに低コストのものは少なく、NISA向けも期待できません。ETFの場合も手数料が高く、NISA口座としてはお勧めできません。

● フィデリティ証券

ISA口座での取扱いファンド310本以上を全てノーロードにすること、ETFは取扱いしないことを発表しています。ファンドを利用する方にはコストの安さが魅力です。

● セゾン投信

1本で低コストで国際分散投資可能なセゾン・グローバル・グローバルバランス・ファンドを利用できるのが魅力です。利益を出さないと税控除の恩恵を受けられないNISA向けにはバランスファンドも有力な選択肢です。

NISA口座開設、銀行は?

銀行でのNISA口座開設はあまりお勧めできないです。なぜなら、大きな2つの理由があるからです。

銀行での開設がダメな2つの理由

  1. 投資信託の種類が少ない
  2. 株式およびその他有価証券が購入できない

NISAの活用を検討している人は、銀行から「当店では地域密着で、お客様の声を聞いて、投資プランを提案いたします」と言われ口座を開設してしまい、気がつけば証券売買の幅が狭まってしまったというような事態に陥らないためにも、今一度銀行と証券会社の取扱い商品の質・量を比べてみることをお勧めします。証券なんて、どこから買おうと種類自体は変わらず、管理・提供方法でリターンは大きく変わりますし、それがすべてといっても過言ではありません。

また、投資のポイントである手数料については、ネット証券が乱立し値下げ競争が過熱したことで、非常に安価になってきています。銀行より証券会社の口座のほうが安価なケースも多いですので、重要な着眼ポイントといえます。

冒頭で触れたように、NISAの口座は一度開設してしまうとやり直しが利きにくいという特徴がありますので、今一度よく検討して口座を開設することをお勧めいたします。

銀行での口座開設に不安を感じるあなたに
nisaの落とし穴
NISAの落とし穴に注意

これまであげた事は、NISAを始めようとする人が疑問に思うところであり、他にもたくさんNISAの事を知りましょう。

まずは、知らないと損する可能性が

NISAのデメリットについて知っておきましょう。

nisaの落とし穴
NISAの落とし穴に注意

nisaのデメリットとは?
NISAのデメリット

nisaの落とし穴(第1回)
NISAのメリット・デメリット

nisaの落とし穴(第2回)
NISAの口座開設の落とし穴

nisaの落とし穴(第3回)
NISAの口座開設の落とし穴

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 3.00)
読み込み中...

関連記事

剛力彩芽が宣伝するNISAとは。徹底分析!

最近、タレントの剛力彩芽さんを起用したNISAのCMをよく見かけます。 今年から始まったN

記事を読む

NISAの再投資について

投資信託の分配金の取扱い 再投資した場合 NISA(少額投資非課税制度)で投資信託の分配金を再投

記事を読む

1万円程度の資金があれば株に投資できる?

ミニ株よりも少額投資!1万円で始める単元未満株 5万円、10万円とまとまったお金でなくても、1万円

記事を読む

NISAの落とし穴

NISAの落とし穴(第1回)

NISAのメリット・デメリット NISA(ニーサ)のメリット 個人投資家からすれば、100万

記事を読む

投資資金100万円。投資方法は?

投資資金として100万円を貯めることができたのに、「投資方法はどうしたらいいの?」と、投資の一歩

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑