*

【体験談】株で出来たマイナス、FXで取り戻す-NISAとは

公開日: : 最終更新日:2014/02/20 体験談 , ,

【体験者の情報】
名前(仮名):鈴木 二郎
性別:男
職業:会社員
年齢:57
借入件数:3件
会社名(借入先):JCB、三菱UFJニコス、プロミス
利用時期:2006年2月~2010年6月

 

会社を辞め、新事業に乗り出す

2005年、私は50歳を機に会社を辞め、知人の仕事を手伝い始めました。

それまでのサラリーマンの営業職に区切りをつけ、残りの人生は生きがい・やりがいを求めて生きようと思ったのです。

知人の仕事は食品関係の装置開発をしていて、関西にある協力会社と共同で穀類加工機の開発に取り組んでいました。

協力会社と知人はお互いの資金を出し合っています。

装置が完成した際には製造をこの会社へ全面依頼することを条件に、会社の工場も間借りさせてもらっていたのです。

東京の会社を辞めた私は、生活費としてこれまでに蓄えたすべてと退職金などを含めた約400万円を持ち、意気揚々と関西に乗り込みました。

当初はビジネスホテルに泊まっていましたが、装置完成にはしばらく時間がかかりそうでした。

そこで工場に泊まり込んでいた知人と2人で、家賃4万2,000円(水道料、管理費込、敷金なし)のワンルームアパートを借りることにしました。

一方、私の妻子は首都圏にある妻の実家で、妻の両親と同居して暮らしています。家賃を払う必要はありませんが、生活費の仕送りは必要です。

会社に勤めていた頃は、妻に生活費として毎月15万円を渡していました。

会社を辞めて一人で大阪へ来た私は無収入ですが、それでも手持ちの400万円の中から毎月15万円を妻に送金します。

ちなみに妻は正社員として働いているので、収入はありました。

ネットの株取引はまるでギャンブル

こうして関西で新しい仕事を始めたのですが、装置の開発は遅々として進みません。

新開発のため解決すべき課題が山積みで、こっちに来て半年が過ぎても完成の目処が立たないのです。

私の主な仕事は「装置完成後の販売」を担当することになっていて、技術的な議論には参加できるだけのスキルがありません。

それは知人に任せて、私のほうはアパートで待機する時間が多くなっていました。

そうした空き時間が、よくない考えを引き起こすんですね。

当時、小泉政権下において実施された郵政民営化の影響からか株価が上昇、それに伴いインターネットで株取引が手軽にできるようになりました。

以前から興味のあった私は、ネットを利用した株式取引を始めたのです。

「これで稼げば装置開発の仕事も余裕を持って取り組める」との甘い考えがありました。

まず、手軽に入れるマンションタイプの光回線を導入してネット環境を整え、証券会社に口座を開設します。

最初は10万円を入金して毎日短時間のうちに株を売買するデイトレードを恐る恐る行なっていたのですが、大きな損はしないが儲けもない状況が続いていました。

しかし、慣れてくるとやはり金銭感覚が麻痺してしまうのか、少しずつ取引金額が増えていきます。

それでも一向に儲かる気配がないので、次は上昇銘柄を予測して配信しているネット上の投資顧問(月1万円)に申し込んでみました。

しかしこれもまったく当てにならず、ほとんど儲かりません。

そんなことをしているうちに徐々にお金が無くなっていき、それを取り戻そうとさらに大きな金額を注ぎ込むことになってしまいました。

ギャンブルにのめり込む人の心理とまったく一緒です。

手元にあったお金がどんどん消えていっても、冷静さを失っている私は「次こそ絶対取り戻せる」ということしか考えられません。

「大きく負けたら大きく勝てば良い。無くなった金を取り戻すには株取引を続けるしかない」と思い込んでいたのです。

FXにも手を出して

2006年2月から株取引を始め、その後2007年7月末までの約1年半続けていましたが、実質的な取引期間は当初の3カ月ほどでした。

というのも、それ以降は購入銘柄が極端に値下がりし、売るに売れない状況にあったからです。

生活資金がなくなってきた私は、今度無きなしのわずかなお金を、為替に手を出したのです。

FXは株と違い、時間に縛られることが無く、いつでも取引が出来ることはすごく助かりました。

昼間、バイトもすることが出来たからです。

FXは簡単で、あがるか、下がるか考えるだけでどこまで上がるかも規則性があるみたいで、予測がしやすかったです。そのせいかはじめの1週間は、マイナスになることはなかったのですが、2週間目あたりから1日にしてだいたい2万弱、月で40万後半の利益が出ました。

FXって最高!と思い、はまり込みました。

2か月目から投資金額をあげてみました。すごいもので、1カ月の利益が100弱。株でできたマイナスもすぐ取り戻すことができました。

そんな時、装置が開発出来たと連絡があり今は装置の営業をしています。ちなみにFXは今でもしており、小遣いの足しにしています。
参考にしたサイト

FXファン←こちらすごく参考になりました

 

注目を浴びてる記事
FXデモ口座【投資スタイル】・・・・自分合ったスタイルって?
初心者でも安心!優良FX会社紹介!・・・・自分に合った証券会社は?
FXデモ口座【メリットって?】・・・・なぜデモ口座を使うのか?
漫画で学ぶFX・・・・初心者の為にFXを解説

《FXコミュニティFXファン》

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 5.00)
Loading...

関連記事

【体験談】8000円弱も下落!これから上がるか?

【体験者の情報】 名前(仮名):佐々木 大輔 性別:男 職業:会社員 年齢:37 --

記事を読む

【体験談】悲劇!NISA効果。こんな事ってある?

NISAの効果って一体? 【体験者の情報】 名前(仮名):松原 健一 性別:男 職業:会社員

記事を読む

【体験談】NISA始まって株価の伸び悩み!?

これから株価は上がるのか? 【体験者の情報】 名前(仮名):市東 順子 性別:女 職業:会社

記事を読む

【体験談】専業主婦の間にも株、浸透?-NISAとは

株はいいのか? 【体験者の情報】 名前(仮名):浮島 マヨ 性別:女 職業:主婦 年齢:3

記事を読む

【体験談】買うタイミング間違うべからず

買い時は難しい!もっと学ぶべき! 【体験者の情報】 名前(仮名):木本 俊介 性別:男 職業

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑