*

NISAとは-損失が出たらロールオーバーがいい?

公開日: : 説明 , ,

2014年から導入されたNISA(少額投資非課税制度)。毎年100万円ずつ投資でき、非課税期間は5年とされているが、損失が出た場合はどうすればいいのか?
about_img02

損失が出たらそのままNISA口座にロールオーバーが賢明

2014年から導入されたNISA(少額投資非課税制度)。毎年100万円ずつ投資でき、非課税期間は5年とされているが、ロールオーバーをすれば、さらに延長することができる。

ロールオーバーとは、NISA口座で投資をして5年間経ったときに、口座にある金融商品を、翌年の新規投資枠にそのまま移管することだ。

 

当然、利益が出ていて、100万円を超えていれば、そのまま移管することはできない。金融商品の一部、あるいは全部を売却して、100万円以下にする必要がある。

非課税期間が延びると言っても、利益が出ている場合は新規投資と大きな違いはない。違いがあるのは、損失が発生しているケースである。

 

5年間の非課税期間終了まで投資していたが、損失が発生しているとき、その時点で売却をしてしまうと、損失が確定してしまうことになる。

NISAの非課税メリットは使えない。そして、もし同じ金融商品を翌年の新規投資枠で購入するのでは、売却と新規投資にかかる手数料分を支払わねばならない。

 

同じ金融商品に投資するのであれば、そのままNISA口座にロールオーバーするのが賢明だろう。

新たな非課税期間が始まり、その間に損失を取り戻し、さらに値上がりして利益が生じれば、非課税メリットを使えることになる。

 

損失が出ている金融商品を、NISA口座から課税口座に移してしまうと、損失を取り戻したとしても、課税口座に移した時点からは値上がりしたことになるため、その上昇分については課税されてしまうことになる。

やはり、同じ金融商品を持ち続けるのであれば、NISA口座へのロールオーバーがベストの選択となるのだ。

 

ただし、ロールオーバーが使えるのは、2014~2018年までに投資した分。ロールオーバーをすると5年間、非課税期間が延長されることになる。

2019~2023年に投資した分は、2023年に新規投資が終了してしまうため、ロールオーバーをすることはできない。

 

なお、現時点では、NISA口座を開設する金融機関を変更したときに、ロールオーバーをすることになっても、新たに開設したNISA口座に移管できるとされているが、実際にそうなるかは確定していないことに注意してほしい。

 

合わせて読みたい記事

【nisaの落とし穴】・・・・・・・NISAの落とし穴に注意

【nisaのデメリットとは?】・・・NISAのデメリット

【nisaのデメリットとは?】・・・知らなきゃ損する3つのデメリット!

【nisaの落とし穴(第1回)】・・ NISAのメリット・デメリット

【nisaの落とし穴(第2回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

【nisaの落とし穴(第3回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
Loading...

関連記事

【NISA】今の現状の顧客層ってどうなの?

NISAが始まり1カ月が経ちますが、一体、今のNISAの現状はどうなのでしょうか NISA

記事を読む

【2014】NISAを使ったルール・運用方法とは?

NISAを使った株や投資信託の売買方法は、基本的には今までの株取引と変わりません。 ただし、普

記事を読む

増税

2014年いよいよ始まるNISAとは

2014年は大幅増税の年! いよいよNISAが、そして大幅増税が始まります! 1月1日より始

記事を読む

ISAとは

日本語版ISAとは? NISA(ニーサ)/日本版ISA(アイサ)とは、毎年100万円を上限とし、最

記事を読む

【NISAとは】-投資初心者の方へのアドバイス

NISAは投資を始めるのに最適です。 「NISAで投資の利益が非課税になるのなら、この

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑