*

投資資金100万円。投資方法は?

公開日: : デメリット , ,

100万円のイメージ

投資資金として100万円を貯めることができたのに、「投資方法はどうしたらいいの?」と、投資の一歩をなかなか踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、投資資金100万円ができたら、どのように投資すればいいのかについて解説していきたいと思います。

NISAで投資

平成26年1月から新たに、「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートしました。

通常、株式や投資信託などから得られた配当や譲渡益は所得税や地方税の課税対象(※1)となりますNISAは、毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を最長5年間、非課税にする制度です。ですから、投資資金が100万円あるのであればnisa口座を作り株式投資や投資信託などの投資をなさってみるのも方法の1つです。しかし…

NISA口座の注意点

NISAを利用するには、銀行や証券会社などの金融機関で専用口座(NISA口座、または非課税口座といいます)の開設が必要です。

なお、NISA利用時の注意点は次のとおりです。
(1)開設できる口座は一人につき1口座のみ
NISA口座は、一人につき1口座のみ開設可能(例えば、銀行と証券会社にそれぞれ1口座ずつ開設するのは不可)。
(2)非課税枠の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可
投資を行わなかった非課税枠の翌年繰り越しはできない。また、売却しても、非課税枠は再利用できず、年間の非課税枠を超える投資はできない。
(3)既に保有している上場株式などは対象外
NISA口座は、新たに購入した上場株式・株式投資信託などが対象となるため、他の口座(一般口座や特定口座など)で既に保有しているものをそのまま移管することはできない。
(4)他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可
非課税のNISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(一般口座や特定口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除もできない。

なお、金融機関によって購入できる商品は異なります(投資信託は証券会社や銀行などほとんどの金融機関で取り扱い可能、株式は証券会社のみ)。NISA口座の開設時には、投資したい金融商品を十分に検討し、金融機関を選びましょう。

NISA導入による株価

そして一番気を付けなければならないのは先ほどあげましたNISA導入による株価。この制度を利用して株などの投資を始めた人がたくさんいるということでしょう。
こういった状況を前もって予測をしていた人がいるならば、株価が上がる前に買っているはずです。どの位の人が先に買っていたかは不明ですが、こういった情報に敏感な人たちは結構います。今現状株価は上がってはいますが、株価上昇がそのうちピークに達したとき必ずと言っていいほど後は下がり始めます。それがいつなのかはわかりません。

どうすれば?

上にも上げたように、リスクを多少受け入れてでも、株などに投資をするか、もしくは、円安であるこの今、為替といった手もあります。FXです。短期投資から長期投資ができるFXはその人に合った投資方法があります。今は、長期で投資をしてスワップポイントといった金利差で資金を増やしているひともたくさんいるみたいです。

短期では安定した急な暴落があまりないドルと円でのやり取りが人気を集めているようです。

この機会にFXを学ぶことが賢い手なのかもしれません。

特にいまは、FX会社はキャンペーンやセミナーなどを行っており、初心者の方にとって、良い時期だと思います。

 

→他の投資にはないFXのメリット
《FXコミュニティFXファン》

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
Loading...

関連記事

必見!NISAの注意点こんな所にあった

最近話題のNISA。導入にあたって注意点を紹介。 ここがNISAの注意点 NISA専用の非課

記事を読む

NISAで失敗しないために

金融機関の選び方 まずは金融機関の取扱い商品を把握しよう 金融機関によって取扱い商品は大きく異な

記事を読む

証券業界の黒歴史から生まれたNISA

NISAに潜むリスク(第2回)

前の投稿はこちら! NISAに潜むリスク(第1回) 証券業界の黒歴史から繋がるNISA

記事を読む

NISA-なぜこんなに待たされる。【口座開設にかかる日数】

口座開設にかかる日数が長すぎて、投資への熱が冷める投資家たちが後を絶たないという。一体口座開設に

記事を読む

1万円程度の資金があれば株に投資できる?

ミニ株よりも少額投資!1万円で始める単元未満株 5万円、10万円とまとまったお金でなくても、1

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑