*

NISAとは-NISAのポイント専門家が語る

公開日: : 最終更新日:2014/02/16 活用法 , ,

specialist3

【NISAにふさわしい金融商品は。】

  • 「まずは上場投資信託だ。投信に比べて手数料が低く、非課税の恩恵を受けやすい。今後は円安や景況感の改善などで物価が上昇する可能性があり、自分の生活をどう守るかを考えることが重要だ。 小麦など食品関連に連動するETFを買っておけば、原材料価格の高騰で食品の値段が上がったとしても、ETFの値上がりで家計への影響を緩和することが期待できる。自動車をよく利用する人はガソリン価格に連動するETFを保有するなど、生活するうえで重要な物の値上がりリスクをヘッジするとよいだろう」
  • 「NISAは制度上、非課税枠を一度しか使えない。非課税枠の中で繰り返し売買することは難しいため、上昇しても売り時を逃してしまう可能性が高い。大きく利益をあげるというよりも、生活の防衛手段として利用することを考えたい」

【株式への投資で注意すべきポイントは。】

  • 「長期投資を前提にすべきだ。東証2部上場で値動きが小さく、業績が堅調で、かつ配当利回りが高い銘柄が投資対象としていいのではないか。東証2部の銘柄は、東証1部に指定替えとなる可能性がある。TOPIXへの組み入れに伴う機関投資家の買いなどで株式需給が改善することが期待できる」
  • 「割安な銘柄を探すのが重要だが、PER(株価収益率)だけでなく、フリーキャッシュフロー(純現金収支)にも注目したい。これが赤字の企業は破綻するリスクがあるので避けた方がよい」
  • 「株価が割高か割安かを判断する指標として、PERを利益成長率で割って算出する『PEG(ペグ)レシオ』がある。1以下であれば割安と判断できる一方、1.5~2になると割高感が出てくる」

【株式市場ではゲームやバイオなどテーマに着目した投資も活発です。】

  • 「NISAをきっかけに投資を始めようという人は、テーマに着目した投資は避けた方が無難だ。新興市場のゲーム関連銘柄などのように成長期待を織り込んで急上昇した後、買いが続かず急落する恐れがある。思惑で株価が乱高下しやすいほか、テーマ物色が終わるタイミングの判断が難しいため、売り時を見極めるのが難しい」

【世代により運用リスクの許容度には差があります。】

  •   「非課税枠の中で、投資配分を工夫することで生活や年齢にあった投資をすることが可能だ。年金暮らしの高齢者はあまり運用リスクをとれないため、ETFで7割以上を保有し、食品などの値上がりから生活を守ることを重視すべきだ。逆に若い世代の人は比較的リスクをとれるため、半分以上を株に振り向けて積極的に収益を狙うのも良い」
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

関連記事

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピックの開催が決定しそちらも盛り上が

記事を読む

【第2回】30代から始める賢いNISAでの運用法とは?

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30代での活用方法について、ご紹介

記事を読む

NISAで貯める子育て費用〜学資保険を考える〜

30代を中心とする子育て世代が直面するお金の問題と言えば、やはり、子供の教育資金と住宅資金で

記事を読む

NISAで始める賢い資産運用〜家族で投資を始める方法とは?〜

「家族ぐるみで賢い資産運用をする」ということをテーマに、家族のお一人お一人がNISA口座を保

記事を読む

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事業を後継者に譲られておられる方

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑