*

株主優待のメリットとは?

公開日: : 活用法 , ,

medium_5545810212

NISAでは、上場株式と公募株式投信が対象となります。

株式の個別銘柄を選ぶ際に、株価が上昇しそうな銘柄を購入し、譲渡益を目的とすることは、投資初心者にとっては、難しいものがあります。

NISAを利用し、投資初心者でも始めやすい、株主優待。

NISAを使った株主優待とは一体?また、株式投資の手法について、紹介しよう。

NISAの概要とは

NISAとは、2014年1月から10年間実施される少額投資非課税制度であり、日本版ISAとも呼ばれている。

銀行や証券会社で、1人1口座NISA口座を作り、年間100万円の非課税内での上場株式と公募株式投信への投資に係わる、配当金、分配金、譲渡益に対しての税金が、5年間非課税となる。

株式を売却してしまうと、その金額の枠は再利用できませんので、長期保有することで、NISAのメリットを最大限に活かすことができる。

株主優待のメリットとは

配当と株主優待

株主優待の制度は、上場企業のうち約1000社が実施しています。

決算期末を権利確定日と設定している場合が多く、中間決算期末と合わせて、年2回実施している企業もある。

株主優待の内容は、食品や日用品のメーカーであれば自社製品の詰め合わせ、鉄道会社や航空会社、小売業や飲食行では無料券や割引券など、自社に係わるものが多くある。

企業によっては、金券や名産品といった自社とは関連のない優待内容であるケースもある。また、

配当を行なっている企業の株式であれば、配当と株主優待の双方を受け取れるメリットがある。

株式銘柄の選び方

確認した上で購入

株式を選ぶ際には、株主優待内容が自分の生活で活かせる銘柄を選ぼう。

自社製品であれば、実際に生活で使用するものかどうか考えてみよう。

自社の無料券や割引券の場合は、使用できる店舗が生活圏内にあるか、確認しておこう。

銘柄によって、最低購入株数が定められており、NISAの100万円の限度額で購入できる銘柄は限られている。

保有する株数によっても、優待内容が異なります。上場企業の株主優待内容は、会社四季報(東洋経済新報社)や株主優待ハンドブック(日本経済新聞出版社)などに掲載されている。

株主優待は、企業の経営状態や財務状態によっては、変更されることがあります。健全な財務状況にあるかどうかも、確認した上で購入しよう。

株式を購入するにあたっての注意点

権利確定日

株式を購入する際には、購入時期に注意をする必要があります。銘柄ごとに、権利確定日が定められており、権利確定日の4営業日前までに株式を購入していなければ、株主優待品を受け取ることができない。

株価は、権利確定日の前になると上昇する傾向があります。あらかじめ相場を把握しておこう。

優待内容が変わってないか、確認することも大切です。

こんなときは売却を

業績不振

業績不振によって、株主優待内容に変更があった場合や、配当が著しく減少した場合には、早目に売却を行ないます。

長期保有が前提とはいえ、株価が大きく上昇した局面では、売却することで、値上がり益を得ましょう。譲渡益にも課税されない、NISAのメリットを享受することができる。

株主優待を目的とした株式投資は初心者にも向いている

株主優待を目的とした株式投資は、優待品が届く楽しみがあります。企業によっては、株主優待でしかもらえないオリジナル商品や、新商品である場合もある。

実益だけではなく、楽しさもある投資手法です。株式投資を始めるにあたって、配当利回りや譲渡益を目的とする場合に比べて、株主優待を目的として銘柄を選定する方法は、初心者にも向いている。

今回のまとめ

NISAでは、比較的安定性のある国債や社債などの債券は、対象ではありません。その点からも、投資初心者には、株主優待目的は、とりかかりやすいと言える。

NISAは、100万円までの投資としては少額の金額を限度としており、必ずしも、100万円の枠を使い切る必要もない。

NISAという少額投資非課税制度を利用することは、投資を始めるチャンスと捉えることもできるだろう。

初心者であれば、最初は株主優待を目的とした、投資が始めやすいのではないだろうか?

でも、注意してもらいたいのが、今回はNISAについての良い所を中心に紹介したが、悪い所も必ずあるもんだ。

株主優待目的だから、デメリットがないわけでは、無い。初心者だからデメリットも知っておく必要があると私は考える。

NISAの落とし穴(第1回)では、NISAのデメリットを紹介してあり、初心者でも分かりやすいと思う。

あとで後悔するのはなんでも嫌なものだ。だからこそ重要ポイントだと思う。

 

《FXコミュニティFXファン》

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
Loading...

関連記事

株価の底が前倒しになってきた今が買いだ!

2月は1万4000円台での値動きが続く日経平均。投資の税金ゼロのNISAがスタートしてもうじき2カ月

記事を読む

NISA初心者必見!専門家が教える投資法とは?

今年2014年から始まったNISA。これを機に投資を初めて方もおおいと思います。始めたはいい

記事を読む

NISAとは-専門家が語るNISAの運用方法

どういった心構えでNISAを活用すべきでしょうか。 「年配の人は老後を見据え、若い人は中

記事を読む

NISAで貯める子育て費用〜学資保険を考える〜

30代を中心とする子育て世代が直面するお金の問題と言えば、やはり、子供の教育資金と住宅資金で

記事を読む

NISAで始める賢い資産運用〜家族で投資を始める方法とは?〜

「家族ぐるみで賢い資産運用をする」ということをテーマに、家族のお一人お一人がNISA口座を保

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑