*

配当3%!今がチャンス!NISAで狙う医薬品銘柄とは?

公開日: : 注目 , ,

iyakuhin

1月にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)で、投資対象として人気となっているのが株価に対する配当金の割合を示す「配当利回り」が高い銘柄だ。

なかでも医薬品関連銘柄が脚光を浴びている。そのの理由とは?

NISAで注目されているメリット株とは?

これまで株式投資に踏み出せなかったビギナー投資家の呼び水となっているNISAでは、投資額100万円までといった条件はあるが、売却益や配当にかかる20%の税金が非課税となる仕組みだ。

NISA口座のメリットを大きくするには、高い配当利回りで株価の値上がり益も狙える銘柄が魅力的だが、投資家の間で注目されているのが医薬品セクターだ。

「最大手の武田薬品工業をはじめ、配当利回りが3%近辺もしくはそれを超える銘柄がゴロゴロしている」と投資情報サイト記者は指摘する。

市場のデータでも、NISAの「一番人気企業」として武田の名前が挙がるように、医薬品セクターは一般にも名の知れた企業が多く、ブランド力には投資する側も安心感が伴うようだ。

4502:武田薬品工業

武田はコスト削減努力が奏功、中期経営計画で2017年度営業利益率20%を掲げている。降圧剤広告の不適切表示問題も浮上したが、株価は3月に入って上昇基調をたどっている。

4523:エーザイ

エーザイは乳がん治療薬「ハラヴェン」やリウマチ治療薬「ヒュミラ」など新製品の業績貢献で株価も再評価の機運が高まっている。

4521:科研製薬

旧理研グループの名門、科研製薬は関節機能改善剤「アルツ」の販売が下期に回復。14年3月期で12期連続の増配を予定するなど株主還元に積極的な姿勢が評価されている。

20140311-00000013-ykf-000-2-view

医薬品業界の収益環境もここ数年来、特許切れなどによる利益圧迫が一巡しており、コスト削減などへの取り組みから、業績回復局面が意識される段階に入っている。

NISAで狙う医薬品銘柄のまとめ

今回紹介した注目株は医薬品関連の株だが、この他にも注目を浴びている株がある。

それは、2020年に開催される東京オリンピック関連株。

まだ先の話と思っている人もいるかもしれない。

株というのは、先を読んでこそ、利益を上げることが出来るものだ。

【 注目の「五輪」銘柄は?】では五輪に関連した注目銘柄を紹介している。

五輪による株価の影響は大きい。

また、NISAをきっかけに株を始めた人には【NISAの落とし穴(第1回)】を読んでもらいたい。

知っているようであまり分かっていないNISAのデメリット。

ちゃんと分かっているのなら問題ないのだが。

《FXコミュニティFXファン》

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 5.00)
Loading...

関連記事

NISA口座開設人気ランキング

これからNISAを始める方が1番最初に悩むのがどこで口座開設するか。 そんな方にぜひ参考にしてもらい

記事を読む

NISAとは-アベノミクスの追い風受け「完全復活」野村HD

2014年の株式市場は波乱の幕開けとなった。 昨年はアベノミクスへの期待から日経平均株価が

記事を読む

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞などで、見聞きする機会があるかと

記事を読む

【最新】人気銘柄ランキング!TOP10

高配当銘柄人気ランキングとは? 2014年1月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた高配当

記事を読む

NISAとは-専門家が指摘「NISAはこう使え!」

少額投資非課税制度(NISA)が始まって1カ月。年100万円を上限に株式や投資信託、上場投資信託(E

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑