*

話題のNISA-ここに注意が必要

公開日: : 問題点 , ,

注意

 

NISA(ニーサ)が始まり、証券会社や銀行が顧客争奪戦を繰り広げています。「口座を開設すれば現金をプレゼント」といったキャンペーンも目につきますが、NISAは個人投資家にとっておいしい話ばかりではありません。どこに注意すればいいのか、ざっくりまとめました。

 

NISAの特徴は、1年あたり100万円までの株や投資信託への投資(総額500万円まで)で利益が出ても、5年間は課税されないことです(従来の口座だと配当や譲渡益にかかる税金は10%で、2014年から20%に引き上げられます)。NISA口座は2014年から2023年までの10年間開設できます。

 

 

ただし、開設できるのは1人1口座に限られ、いったん口座を開いたら当初4年間は金融機関を乗り換えることができません。金融機関によって投資できる商品が違うので、慎重に選ぶことが大事です。

 

たとえば銀行のNISA口座では株式投資信託は買えますが、上場株式や上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(J-REIT)などは買えません。証券会社のほうが品揃えは多いのですが、外国株式を取り扱うかどうかを含めて商品や手数料が未定の会社もあります。また、どの金融機関でも個人向け国債や社債、公社債投信は買えません。

 

すでに持っている株や投信をNISA口座に移すことはできません。NISA口座は新規の投資だけが対象です。

 

もうひとつ大事な点は、NISA以外の口座(特定口座や一般口座)の取引と損益通算ができないことです。つまり、仮にNISA口座で損失が出ても、他の口座で出た利益から差し引くことができないため、税金を減らすことができないのです。

 

 

口座を開くかどうか、開くとしたらどの金融機関にするか、PRに踊らされずに慎重に検討しましょう。

 

合わせて読みたい記事

【nisaの落とし穴】・・・・・・・NISAの落とし穴に注意

【nisaのデメリットとは?】・・・NISAのデメリット

【nisaのデメリットとは?】・・・知らなきゃ損する3つのデメリット!

【nisaの落とし穴(第1回)】・・ NISAのメリット・デメリット

【nisaの落とし穴(第2回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

【nisaの落とし穴(第3回)】・・ NISAの口座開設の落とし穴

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
Loading...

関連記事

NISAの現状。新規開拓できてない?若年層は興味がない?

国税庁によると、昨年末時点で475万口座が開設された。野村総合研究所の試算では、申請ベースで1月末に

記事を読む

NISAの問題点

NISAの2つの問題点を解説 今月より受付がスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、この

記事を読む

注目の「五輪」銘柄は?

注目株 2020年に東京オリンピックが開催が決定しました。注目のオリンピック関連銘柄を分野

記事を読む

NISA口座を銀行で開設してはいけない2つの理由

NISAの導入目的 NISA口座は、開設数に1人1口座のみという制限があり、1度開設すると4年間は

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑