*

NISAの現状。新規開拓できてない?若年層は興味がない?

公開日: : 問題点 , ,

国税庁によると、昨年末時点で475万口座が開設された。野村総合研究所の試算では、申請ベースで1月末に約650万件、今年末には865万件に達すると見込まれている。

だがしかし、必ずしも「新規開拓」につながっていない課題ある。
wakamono1

口座開設者の9割超が既存顧客か

野村総研が2月初め、20~70代の5000人を対象に実施したアンケート調査によると、ニーサについて「聞いたことがある」が69.5%で、1年前の調査に比べて3倍超だった。

同じ野村総研の調査で、既に口座を開設し投資を始めた人の50.8%が「投資信託のみに投資」、「上場株式のみに投資」は43.2%、「両方に投資」が6.0%。拮抗しているが、やや投信が多い。投資金額の平均は59万3000円だった。

この調査でも浮かび上がるのが、新規顧客を必ずしも開拓しきれていない点。

口座を開設済み、または申し込み中の人の4分の3超は既にある程度の経験がある個人投資家だった。証券業界では「実感としてはニーサ口座開設者の9割超が既存顧客」(別の大手証券幹部)との声も聞かれる。

個人投資家と言えばそれなりの資産を持っている人に限られ、「ほとんどが60代以上」(ネット系証券幹部)と見られている。

ニーサ導入の狙いは新規、特に若年層を呼び込んで「貯蓄から投資」への流れを強めることだが、この点では道半ば。

いかに若者に関心を持ってもらうかが知恵の絞りどころだが、バブル崩壊以降は上げ相場の少ない日本の株式市場自体に問題があると言えるかもしれない。

他にもNISAが抱える問題点はあるようだ。次にあげた記事でも分かる通り、意外とたくさんあるようだ。

 

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (平均: 4.00)
Loading...

関連記事

NISAの問題点

NISAの2つの問題点を解説 今月より受付がスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、この

記事を読む

話題のNISA-ここに注意が必要

  NISA(ニーサ)が始まり、証券会社や銀行が顧客争奪戦を繰り広げています

記事を読む

注目の「五輪」銘柄は?

注目株 2020年に東京オリンピックが開催が決定しました。注目のオリンピック関連銘柄を分野

記事を読む

NISA口座を銀行で開設してはいけない2つの理由

NISAの導入目的 NISA口座は、開設数に1人1口座のみという制限があり、1度開設すると4年間は

記事を読む

NISAで考えるライフプランとは〜30代から始める賢い資産運用〜

今回は、最近テレビや新聞で見聞きすることの多い、NISAの30

NISAで始めるライフプランニング〜シルバー世代の効果的活用法とは?〜

今日はシルバー世代の方(ここでは便宜上、定年を迎えられた方・事

NISAで始める株式投資とは?〜東京オリンピックとスポーツ株〜

NISA・少額投資非課税制度という言葉は、最近、テレビや新聞な

東京五輪(オリンピック)効果を得るための投資信託の選び方とは?

NISAも盛りあがってきましたが、2020年の東京オリンピック

NISAを活用したJ-REIT(リート)投資とは?~基礎編~

今回、REITの再点検をしてみようと思います。2014年1月か

→もっと見る

PAGE TOP ↑